Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

指の先から破壊光線

月曜の朝までに考えておくこと

ひらがなのひ

一週間分の考え事

万年筆への憧れっていうのが、ちょっとだけある。

 

こないだ、友人の家で万年筆を見つけた。新品のpreppyで、大学のロゴが入っていた。「入学した時にもらったのかな」と言っていた。私はもらってないから、たぶん、学科かなにかのセミナーでもらったんだろうね、と二人で話した。

 

ちょっと書いてみたいんだけど、と言うと、友人は『万年筆 使い方』で検索しはじめた。几帳面である。「インクの取り付け方がわかんないよね」と一生懸命スマホをぽちぽちしている友人を尻目に、勝手に万年筆を分解して未開封のインク入れを取り出した。ちなみに、この万年筆は友人のものである。

 

インク入れは黄色のうすいプラスチックで、入り口に銀色のボールがはまっていた。「キャップの代わりだね、でも取り出せなさそう」ちらりとボールを見た友人は、まだスマホをぽちぽちしている。ペン先のついている方を眺めてみた。ちょうど、インク入れの入り口にはまりそうな太さの、切れ目の入った軸があったので、勝手にインク入れに押し込んだ。ちなみに、この万年筆は友人のものである。

 

押し込まれた銀色のボールが、インク入れの底に当たる音がした。「もうつけちゃったの?」友人はスマホを置いた。万年筆を組み立て直して、書いてみようとしたが書けない。友人も試してみたが、全然インクが出ない。今度は私がスマホをぽちぽちする番だった。

 

「インクがペン先に到達するまで少し待ってください、だって」友人はふうん、と言って、紙の上に無意味な跡をつけていた。インクはまだ出ない。しばらくそうして遊んでいると、友人が「あ」と言った。「書けたよ」「貸して」私は万年筆を渡してもらって、何度か丸を書いた。友人は黙って見ていた。ちなみに、この万年筆は友人のものである。

 

そのあと、学校でもらったアンケート用紙の裏に、ひらがなをずっと書いていた。新しいペンを試すのは、ひらがなを練習するいい機会だと思っている、その日は、ひらがなの「ひ」がうまく書けないので、「ひ」だけ三十個くらい書いた。その次にたくさん書いたのは「む」で、これも十個くらい書いたけど、難しくて飽きたので、満足する出来栄えになる前にやめた。

 

「楽しそうだね」友人は、またスマホをぽちぽちしていた。私はずっとひらがなを書いていた。万年筆は今、私の筆箱の中に入っている。重ねて言うが、この万年筆は友人のものである。