Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

指の先から破壊光線

月曜の朝までに考えておくこと

ロイヤルブルーに憧れて

お気に入りの真っ青なニットを、ひっかけて着れなくしてしまった。糸が出た、とかそんなんじゃなくて、もうどうしたらこんなになるんだ、と思うくらいひどい破れ方をした。背中の真ん中に、縦に伸びた大きなかぎ裂き。

 

とても悲しかった。その日は出かける気にならなくて、学校をおやすみしようかと思った。ロイヤルブルーの、タートルネックのニット。すごく好きだったのに、お別れはあっけない。

 

どうしてもその形のその色がほしくて、次の週末から探し歩いた。でも見つからなくて、だんだん諦めがついてくる。今年のトレンドは残酷だった。ハイネック、ゆるニット、テラコッタカラー。天下のUNIQLOにもないなんて、貧乏学生はいったいどうやってロイヤルブルーを探せばいいのだ。アマゾンに住んでる鳥みたいな洋服はもうどこにもない。

 

ロイヤルブルーはついに見つからないまま、冬は去ろうとしている。私は途方に暮れた。そもそもロイヤルブルーが似合う顔なのかどうか知らないけど、それでも欲しかった。ないものを手に入れることはできない。

 

最近パーソナルカラーとかいう言葉をよく聞く気がするけど、自己診断するとだいたい真っ青とか真っ赤とか真っ黒とかが似合わないタイプっていう結果が出る。悲しい。誤診だったらいいなと思うので、お金貯めて百貨店のおねえさんに見てもらおうかなと考えている。

 

ロイヤルブルーのニットになんとか諦めをつけることができた今(完全には諦めてない、五年後くらいにまた流行するのを待ってる)、欲しいものは白かシルバーのピンヒールと紫のアイシャドウ。たぶん似合わないんだけど、人間ってひょっとして自分には似合わないものに憧れるようにできてるんですかね。

 

書いてて思ったけど、憧れるってなかなかない響きな感じがする。あこがれる、には焦がれるきもちがある。

ノートあれこれ

一週間分の考え事

溜め込んでいた大量の紙袋が役に立った。こないだの土曜日のことである。

 

オーケストラのチラシとか、案内の手紙とかハガキとかを運ぶのに使われたっていうだけのことで、今は全部手元に戻って来ているのだけど、その中に「Francfranc 2013」と書いてあるものがあって笑われた。普通は捨ててしまってとっくにないよ、と言われたのだけど、まあそれもそうかと思った。柄が気に入ってて、捨てられないからここにあるんだけどね。

 

 たくさんの紙袋を持って行ったけど、その中に無地の紙袋はなかった。普通の、茶色のクラフト紙全開のやつとか、お菓子屋さんのスタンプが押してありそうな白いやつとか、一枚もなかった。あるのは、カラフルなイラストが描いてあるやつと、凝ったロゴがでかでかと見えるつるつるのショップ袋ばかりだった。どうも、無地の袋は興味がないから、みんなと同じように捨ててしまったらしい。

 

派手好きなのである。真っ赤なカーディガンと真っ青なニットと真っ黄色のトレーナーを順番に着てハッピーになるとか、気に入って買ったカバンが金色とか、まあいろいろあるけど派手な色柄が好きなのである。北欧のテキスタイルとか、インドの置物とか、そういうのを眺める旅行がしたいのである。

 

そんなわけでカラフルなファイルとか筆箱とかマグカップとかでまとまりのないデスクの上に、飾り気のないノートが並んでいる。ノートだけが、茶色い表紙の無地。筆箱の中身も赤とか緑とかなのに、ノートだけが地味。中身も点がついてたりするやつじゃなくて、罫線しかないやつ。

 

ノートはシンプルなほうがいいなあ、というのは、上手にノートが取れない人間だからこそなのかもしれない。ノートの書き方のルールを決めても忘れちゃうから、点々がついてる必要ないな、とか、日付も時間も好きなところに書きたいから専用の欄がなくてもいいや、とかで欲しい機能がどんどんシンプルになっていく。イラスト書くには無地が一番いいのかも、まで行きつきそうになったけど、字が下手でどんどん大きくなりそうなので、7mm罫線だけは守っている。

 

ノートは見るたびにいろんなサイズがほしくなってしまうんだけど、これ以上ものが増やせないと思って我慢している。どうせ増えても茶色だしなあ、と思いもする。

コマーシャルすごいよねの話

一週間分の考え事

定期ツイートのやり方を調べた。なんかそういう、botによるツイートをしてくれるサービスがあって、検索して登録した。それで、電子書籍と、ちょっとずつ更新している小説の宣伝をした。

 

宣伝、したほうがいいですよ、と言われたからである。そう言われて初めて、私が宣伝をしていないことに気付いた。もちろん電子書籍が出た時には宣伝した。今まで無料で、いつでもどこでも誰でも読める形で浮遊していた私の趣味を、電子書籍としてまとめて読むためにお金を払ってもらう商品にしてくれた人のために、それでごはんを食べている人のために、あとこれをきっかけに読んでくれる人が増えるならそれはそれで嬉しいので、こんなんあるよ読んでねって宣伝した。ニュースにも名前が出た。思ってたよりもたくさんの反応があった。

 

それで、満足した。ほんとはたぶんここで満足しちゃいけなかったというか、いけなかったわけじゃないけど、自分の仕事は果たした感があった。それ以上の努力を積まないまま、二年が過ぎた。基本忘れっぽい私である。

 

電子書籍のリリースくらいから、文章を書くいろんな人とTwitterで知り合うようになった。一人で書いてればいいやと思っていたので、あちこちでリプライが飛び交うタイムラインや、ポコポコいうリツイートとかふぁぼ(あの星が額縁の中に飾られるようになって久しい)とか、めっちゃ新鮮だった。みんなつながっていた。そしてみんな、宣伝していた。自分の作品も、自分が好きな作品も。

 

新しい小説書いた時は宣伝すればいいんだ。イベントに出る時は宣伝すればいいんだ。ちょっとずつ宣伝できるようになった。昔書いたものも、修正入れたらもっかい宣伝していいんだ。続きものの新しいページも、増えたら宣伝していいんだ。

 

リンク付きのツイートが増えた。そして、冒頭の定期ツイートである。何日か前に登録したけど、人の定期ツイートって私はあんまり読んでないなって思った。同じ文章何回も流さなくていっか、と思って、もう登録はやめにした。週一更新のこのはてなブログみたいな、もっと頻繁に人に見てもらえるものを宣伝がわりにしようと思って、ちょっとずつ小説をツイートしている。この週末は引越しで忙しくて書いてないけど、なるべく毎日書こうと思って、三日坊主なりに頑張っている。#twnovel と #ドーナツ のタグを両方付けてるので、気が向いたら見てください。まだ六個だけどリプライし続けているので、どれか一個探せたらツリーになって全部見れるはずです。

 

全然関係ないんですけど、私が体調悪くしてると同居人がかぜ薬とか持ってきてくれる。それで私が錠剤飲んでると、「おくすりのめたね」のCMソングを歌う。私だけじゃなくて、自分が薬を飲んだ後も歌っている。何回見ても視界からシャットアウトされない、記憶に刻み込まれるタイプのコマーシャルはすごいな、って思う。そういう宣伝がしたい。

お片付けの時間になりました

一週間分の考え事

「おたたづけのじかんになりました」幼稚園から帰ってきた弟がそう言っていたのを、今でも思い出す。

 

これはめっちゃ恥ずかしい話なんですけど、片付けができない。めっちゃできない。どのくらいできないかと言うと、洗濯した洋服をたたむのが嫌すぎて宿舎の6畳の狭い部屋を4分の1くらい占領するベッドの上に放置しまくった挙げ句、大学まで電車で1時間の実家から通う友達を泊めることになっても片付けられず、「人間のおうちっていうか小動物のすみかだねえ」とか言われてしまったくらいできない。

 

小動物のすみか。言われた時は「確かにそうかも」とか納得してしまったが、最近じわじわとショックを受けている。片付けができないできないと思ってここまできてしまったけど、人間ですらないとは。

 

小動物のすみかを脱出し、大学近くのアパートに2年住んでわかったことは、「思ったより必要なものが少ない」。ちょっとしたコレクション癖があるので(参照:この過去記事。たいしたことは書いてない(いつものことだけど))リボンとかボタンとか溜め込んでるし、服も捨てられないし、大学の講義資料とか全部とってあるけど、普段使うものって結構ない。溜め込んでるものでわりと使ってるものって紙袋くらい。

 

使わないものを処分しようと思って2年が過ぎようとしている。思っているだけで全然物は減っていないけど、今週末、また引越しをする。新しい部屋に移ったら、今度こそ人間の家で暮らしたい。

手帳の話・そのに

一週間分の考え事

こないだ手帳の話をした。あれから、そろそろ手帳を買い替えなくちゃいけない時期になったけど、まだ新しい手帳は買えないでいる。1月始まりから4月始まりに切り替えようと思ったから。

 

それで、Rollbahnに3月までのページを書き足して年明けて、ふらっと寄ったLOFTでめちゃくちゃかわいい手帳を見つけてしまった。

 

www.hightide-online.jp

 

HIGHTIDEの「わたしの手帳」。

(はじめてはてなブログっぽいリンクをしたぞ!!)

 

めちゃくちゃかわいい。正方形っぽくて、鳥さんの絵がかわいい。表紙とかすべすべ。小さいけど紙もシンプルだから、書きにくいってことがなさそう。それにそれに、ただのバーチカルじゃないんですよ、朝と昼と夜の3分割バーチカル。分刻みスケジュールなんて経験したことのない私にはちょうどいいくらいのざっくり感。ほしいこれ、超ほしい。超かわいい。

 

そして日付を見る。もちろん「2017」って書いてあるから、今年の12月までしかページがない。でも学校のこととか、就職した時のことを考えると、年度ごとに切り替わる手帳にしたい。でもかわいい。どうしよう。

 

悩んで悩んで、後ろ髪を引かれながら昨日は帰ってきてしまった。今週末まだほしかったら、まだLOFTで売り切れてなかったら(ONLINEでは売り切れの模様)、今年は4月始まりを諦めて買っちゃおうかしら。